FC2ブログ

KanaRoa Doll

Kanaのドール写真ブログにようこそ! 当ブログでは球体関節人形を被写体とした写真を掲載しております。

星に憧れる






昨日はヘンゼルくんを撮影してみました。
前置きが長くなりますっ
お付き合いいただければと思います…


まず前回の反省があって、

・撮影用の照明を4灯をカバーをつけていなかったこと
・設置場所をドールの立ち位置から正面で1m以内の場所に置いていたこと
・ドールの顔に対して正面の角度から光を当てて撮影していたものがあったこと

この3つはダメな点だと感じたので改善です!



まず、4灯のまま照明にカバーをかけました。
照明の設置場所は撮影ブースからななめの位置で1m以上離した位置にしてそこから動かさないで撮影しました。
そして角度は高い位置(160cm以上)からにして、上から下に降り注がせるようにしました。

この3つを意識した理由は、
光が強すぎる印象があったのでカバーで柔らかい印象になるかなーと思ってです。
あと前回は位置も角度も色々調整して迷走してましたが、光の印象を柔らかくし、明るすぎない自然な明るさを演出したいと思って決めてみました。
また迷走するのは嫌なのでこれで固定してやるぞって決めてやりました笑






そしてもうひとつの反省。


前々回、Fin(DWC01 SDgr)を撮影した時と前回のここを撮影したときの違い、あんなに撮りにくかったのはなんでだろう?って考えたんです。


すぐに気付いたんですがテーマをもっていたか ということですっ

Finのときは「天青石とFinを撮影したい」っていうテーマがあったんです。


でもここを撮影したときは「照明を使って撮影するぞー!」だけで何を撮りたいかとか考えてなかったんですよね…。

撮影中にわからなくなってしまった理由はこれかなと思ってます。






ということで、今回は星に憧れる少年というテーマで撮影してみました。

今回も写真多めです。












ぼくの好きなこの空間、星が好きなんだ















大好きな天球儀

















本を読んで勉強して









全天星図を見るのが好き



























今日もお気に入りの星座盤を持って夜空を見上げる









星の見える夜空が昇るまでここで待つ











たくさん撮影したけど今日は…楽しかった!





一番嬉しかったのは前より自然な明るさを作り出せたことです!

陰影は2つ目の小さな照明を使ってなるべく少なくする、という撮り方にしました。


今回の撮影、うまくいったかなって納得はしてます。
でもうまくいったのは照明の調整やテーマだけじゃないかな…。


単純にSDMサイズのほうが撮影しやすかっただけじゃないか!?って思ってます笑


小さいほうが背景ぼかせるし大きいものより撮影しやすいのは当たり前だよなとw


まだまだ満足するのは早いし、もう一回SDサイズ以上の子でチャレンジしてみたいって思ってます。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment