FC2ブログ

KanaRoa Doll

Kanaのドール写真ブログにようこそ! 当ブログでは球体関節人形を被写体とした写真を掲載しております。

DEEP FOREST -starry night*-/御荷鉾スーパー林道展望台 星景撮影









2017.11.19
<露光時間40秒 180枚撮影>

使用レンズ:E10-18 F4 OSS







*ーーーーーーーーーーーーーーーーー*






今週末は群馬県の南部に位置する上野村の御荷鉾スーパー林道展望台へ星景撮影に行ってきました!


ということで今回は星景撮影の回になります(*⁰▿⁰*)



どうやらこの場所「御荷鉾スーパー林道展望台」は過去に星景撮影をした人はあまり多くないみたい?なのでレポートしてこうと思います。




土曜の午後から父と一緒に車で向かいました。
実は父がバイクでツーリングをしていた時にミカボ展望台に偶然たどり着いたそうです。
わたしが星景撮影をしていることを知っていたので「星空撮影に良さそうな場所見つけたよ!」と教えてくれましたっ。




ネットで調べてもこの展望台で星景撮影をしている人は見つけられず写真どういう場所か不安…。



父曰く、
・大きな展望デッキがあり、安定してカメラ機材を設置できる。
・周りが山々に囲まれているので街明かりが届かないだろう(夜は訪れてないから分からない)
・男女別のトイレが設置されている
・行き止まり地点なので車を停められる



とのこと!
これかなり好条件なんです。


特にトイレが重要で、星景撮影をする場合は多くの場合が日没~夜明けまで撮影をしているのでトイレは無いと辛いです笑




ということで月が新月となる19日の夜に撮影にいきました。



前置きが長かったので先に写真を投下!


2017.11.19
夜12時~5時ごろまで撮影しました。





<南側の空>
展望方面のため空が開けています。







使用レンズ:FE28-70 F3.5-5.6 OSS





















使用レンズ:E10-18 F4 OSS














<北側の空>







使用レンズ:E10-18 F4 OSS



















使用レンズ:E10-18 F4 OSS





右下に北斗七星がはっきりと輝いてますっ。















使用レンズ:E10-18 F4 OSS






















使用レンズ:FE28-70 F3.5-5.6 OSS














午後5時過ぎに展望台に到着。

山々に囲まれている環境なので光害の影響もないかと思っていましたが夜になると光害でうっすら空は明るくなっていました。

北側は林なので視界は狭いですが光害はありません。




展望台ということもあって広いデッキがあり撮影機材を安定して置けました。


寝袋を敷いて寝そべりながら空を見上げることもできましたよ(*⁰▿⁰*)




到着したあとカメラをセッティングしましたが、天候が悪かったため晴れるまで待機。
気温は氷点下まで下がりました。


晴れてきて撮影をしだしたのが12時から。

それから夜明けまで撮影をしていました。



夜が深くなるになるにつれて夜空にはみるみる星の数が多くなります。

時期的に天の川は確認出来ませんでしたが、流星が意外に多くみることができました。


流星群の日じゃなくても見れるんですね!



ただ空が澄んできているため、とにかく寒かったです。

4時頃が夜空がいちばん綺麗に見れた時間だと感じましたが氷点下5度を下回っていたと思います。
めっちゃくちゃ寒い。
カメラを触っている手がガタガタ震えて写真の確認ができなーい!笑



撮影機材は完全に霜ついてました。
電源供給用のバッテリーとレリーズ(自動でシャッター切り続けるリモコン)レンズヒーターのバッテリーは霜ついていてよく稼働してくれたな…って感じです。

カメラの方はレンズヒーターを巻いていたからか無事でした。


レンズの方は少し霜ついていていましたが写真は問題なさそうなので大丈夫だったという感じです。


レンズヒーターは10000mhのモバイルバッテリーで給電していましたが12時から使い始めて5時には電源が切れしまいました。
仕方なくカイロをレンズヒーターの上に乗せて温めようと試しましたが寒すぎるせいかカイロあったまってくれませんでした(´・ω・`)



なんとかカメラくんも夜明けまで乗り切って撮影を終えました。


わたしはまだ星景撮影の経験が少なく初心者ですが、ここは今まで撮影しにいった場所のなかではいちばん綺麗に星が見ることができたのでよい場所に来れてよかった!という感じですっ。


ただこの場所、冬季のあいだ(12月ごろから4月ごろ)までは閉鎖されてしまうようです。

できれば夏の頃に天の川が撮影できるか、もう一度行きたいところです。



最後に帰る前に空に向かって「ありがとう~ヽ(´▽`)/」って言って帰りました笑





*ーーーーーーーーーーーーーーーーー*


撮影について反省点。


備忘録として残しております。



・星座早見盤を用意したほうがいい。
北極星を中心として円を描いたような写真が撮りたくて北極星を探しましたが探せなかったです。
スマホに星座早見盤のアプリをいれてましたが、寒すぎるせいでスマホの電源が入らなかったので使えず。

結局、途中で北斗七星を見つけることが出来たのでその撮影には成功しましたが、夜明けギリギリの4時ごろからに発見したのでもうちょっと前から気付けていたかったです。



・撮影設定の確認とスマホ タブレットに送って撮影した写真の確認をすること



実は撮影設定をミスっていて2400万画素で撮影しているつもりが、全て600万画素で撮影していました。


星景撮影用に登録していた設定をそのまま確認せず撮影していて帰ってデータ転送をした時に気付くという…。


撮影した写真の方はデータ転送でスマホとPCに送ってみたらカメラで見た時よりも全然暗い。


撮影を開始する時にもっと落ち着いて撮影し始めるべきだったなと後悔です。


天気が悪く撮影できないまま終わるかもしれないと思っていたので晴れたときには「早く撮影しないと!」と焦ってしまってカメラや写真の確認を怠っていました。



暗いということに関しては、北側の撮影はシャッタースピードは40秒でF値を最大絞りにしていた状況でISO500だったのでこれ以上感度を上げたくない気はしますが…。



・単焦点レンズを持って行くこと


今回使ったレンズは絞り値が最大で3.0のものでした光害のない方へレンズを向けるととにかく暗かったので単焦点レンズのほうがよかったかもと思いました。


30mmの単焦点レンズがあれば星景撮影に最適そうだなあ…(´・ω・`)


という感じで久しぶりの星景撮影でやるべきことが出来ず後悔は多いですが、それでも写真が残せたからいっかと思うようにしてマス。
次の星景撮影はきちんと今日のことを思い出して撮影しよう。











夜明けまえ。





にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ













スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment